家電 生活家電

冷暖房の節電におすすめのサーキュレーターだが扇風機と何が違うの?

暑い夏、寒い冬になると電気屋さんなどで見かけるのが、サーキュレーターです。

ネットショッピングでも家電総合ランキングでもサーキュレーターが上位にくるほどです。

ですが、まだ、サーキュレーターが家庭に導入されている方は少ないのが現状な気がします。

扇風機は多くの方が持っておられると思います。では、なぜ、サーキュレーターがそこまで扇風機ほど広まっていないのでしょうか?

原因はサーキュレーターというのは知っているが実際に扇風機との違いが分かりにくいからなのかもしれません。

特にエアコンを使用される方は、ぜひ導入してほしいサーキュレーター。節約や換気など色々とメッリットがある商品なのです。

では扇風機とサーキュレーターの違いを説明していきます。

扇風機とサーキュレーターの違いがわからない疑問点

ここが一番わかりにくい所だと思います。扇風機と似ているのになぜわざわざ、「小型の扇風機みたいな物を買わないといけないの?」と思ってしまうのも当然ですよね。

電気屋さんに行っても、扇風機コーナーと同じ所に置いている事が多いし、わかりやすく何が違うのかなどを書いてくれていないのも、サーキュレーターが浸透しない理由のひとつですね。

扇風機とサーキュレーターの違いは使用目的が違う

扇風機とサーキュレーターの違いは簡単に言ううと使用目的がまったく違うのです。

極端な例で言うと、リュックサックと手提げバックのような感じです。一見カバンという同じ共通点ですが使用目的が違いますよね?

扇風機とサーキュレーターも風を出す機会の共通点はありますが使用目的は違うのです。

扇風機とサーキュレーター

扇風機とは・・・扇風機の風の動きは広い範囲の風を送る仕組みになっています。昔は扇子やうちわなどをあおいで涼をとっていました。

それが時代とともに、自分でうちわなどをあおいでする手間と労力をなくすためにモーターでファンを回して涼をとるために開発されました。

人にやさしい包み込まれるような風を送る事を目的としていますので、広い範囲でしかも近距離に風を効率よく送る仕組みになっているのです。

サーキュレーターとは・・・扇風機と違い、風を広範囲に送る構造ではなく、イラストを見て頂いたらわかるように、直線的でトルネードの風を送る構造になっています。

扇風機にくらべ風も強く、扇風機とは違いやさしい風を送ってくれる構造ではありません。

なぜこのような構造になっているのか?

サーキュレーターの風は遠くまで風が届く仕組みになっています。

部屋の空気を効率よく循環するためなのです。結果、部屋全体の温度を一定にすることができます。

暖房や冷房をつけている時、立ち上がった時の方が空気が温かく感じたり、冷たく感じたりすることはありませんか?

温かい空気は軽く上にたまってしまうのです。冷房は逆に冷たい空気は重く下に溜まってしまいます。

その溜まった空気をサーキュレーターで部屋全体に行き渡らせることが可能なのです。扇風機でも循環は可能と思われたと思いますが、扇風機では風が広範囲に広がり風も弱いので、暖気や冷気の層に効果的に当てるのは難しいのです。

簡単にまとめると

扇風機は広範囲に近くの人にやさしい風を当てる。

サーキュレーターは遠くへ直線的に風を送り部屋全体の空気を循環して部屋全体の温度を一定にできる。

サーキュレーターの5つの使い道

実際にサーキュレーターを購入するのに、どんな使い道があるのかも大切ですよね。

意外と便利な使い道があるので、扇風機とは違い1年中使用する用途があります。

①冷房を効率よく部屋を冷やす

冷たい空気は重いので足元へ溜まります。エアコンをつけた時に足元が冷たいと感じるのは冷気が下に溜まっているからなのです。

そこでサーキュレーターをエアコンを背にして天井へ向けて設置します。すると空気の循環により下の冷気が部屋全体に行き渡り温度のムラをなくして部屋全体を冷やすことができます。

②暖房を効率よく部屋を暖める

温かい空気は軽いので上に溜まります。例えばお湯を沸かしたときに、湯気が上に上がっていくのと同じです。

サーキュレーターをエアコンの吹き出し口へ向けて動かすことで、温かい空気を部屋全体へ循環させることが出来ます。

もし石油ストーブを使われている場合は、石油ストーブの上をめがけてサーキュレーターを斜めに動かすことで、早く部屋が温まります。

③梅雨時期など衣類を早く乾燥できる

梅雨時期は特に部屋干しされる方が多いと思います。衣類乾燥機など利用して乾燥させるのも良いのですが、サーキュレーターの風を衣類に当てることで、更に乾燥が早くできるのでとてもおススメです。外干しでも部屋から洗濯物へ風を送ることでも効果があります。

良ければ衣類乾燥機の記事も参考にして下さいね♪

④部屋の換気を効率よくできる・新鮮な空気を取り込める

普段の換気する場合は2か所の窓を開けるのが基本ですよね。1か所目は部屋の空気を排出する為の窓、2か所目は新鮮な空気を部屋に取り込むための窓です。

部屋の空気を外へ排出したい場合・・・排出側の窓の前にサーキュレーターを置き、送風側を排出側の窓へ向ける事で部屋の空気を早く排出することができるので早く換気する事ができます。反対側の窓からは空気を排出した分、新しい空気が部屋へ入ってきます。

夏の部屋の熱気を早く外へ出した方が、エアコンをつけた際も早く部屋が冷えるので便利です。

⑤空気清浄機などを効果的に部屋をクリーンにできる

空気清浄機を動かしていると、どうしても部屋全体の汚れを取り切るのは時間も掛かりますし、取り切るのは難しいかと思います。

サーキュレーターを使う事で、部屋の空気を循環させ、効率よく汚れた空気を空気清浄機が吸い込んでくれます。

おすすめサーキュレーター

&DECO アンドデコ サーキュレーターファン

楽天市場で人気ナンバー1の商品です。

なんといっても高性能で低価格が魅力です。サーキュレーターに欲しい機能がすべてついているのが素晴らしいです。一押しの商品です。

初めての購入の方から追加で購入を考えている方にもおススメです♪

機能

360°首振り機能・左右首振り機能・10段階風量調節・ハイパワー送風性能・省エネ性能・静音設計・運転モード切替機能・OFFタイマー機能・自動電源オフ機能・メモリー機能・リモコン操作・タッチパネル搭載・DCモーター

本体  幅約25.4㎝×奥行約24.4㎝×高さ約35㎝
重さ 約1,9㎏
コード長 約1.4m
消費電力 18W

アイリスオーヤマ サーキュレーター3機種

こちらの2台はなんといっても、適応畳数が30畳24畳の広さを1台でカバーできます。

広いリビングや2部屋続きでも、効率良く空気の循環ができます。

しかもパワーが上がると本体サイズが大きくなりがちですが、コンパクトサイズなので持ち運びも楽々です♪

PCF-SDC18T 適応畳数 30畳

 

新機能

強制攪拌モード・・・このモードは30畳モデルのみの機能です。

空気循環に最適な角度でお部屋の空気を効率よく短時間で攪拌してくれます。

冷暖房の時も自分で考えて設置しなくても自動で効率良く循環してくれますので楽々です。

機能

10段階風量調節・OFFタイマー機能・360°首振り機能・リモコン操作・リズム風・強制攪拌モード・3Dランダム送風・DCモーター

本体 幅約26㎝×奥行約26㎝×高さ約36.2㎝
重さ 約1.9㎏
コード長さ 約1.4m
消費電力 35W

PCF-SDC15T 適応畳数 24畳

 

新機能

衣類乾燥モード・・・このモードは24畳モデルのみの機能です。

首振りの時、正面の風量を弱くし、距離が遠くになる端は強風になるので、まんべんなく衣類を乾かす事ができる機能です。

サーキュレーターでの衣類乾燥は通常より早く乾燥できるので、梅雨時期はとくにおススメです♪

機能

10段階風量調節・OFFタイマー機能・360°首振り機能・リモコン操作・リズム風・衣類乾燥モード・3Dランダム送風・DCモーター

本体 幅約21×奥行約21㎝×高さ約29㎝
重さ 約1.3㎏
コード長さ 約1.8m
消費電力 25W

PCF-SC15T 適応畳数 18畳

上記のモデルのように、新機能は必要ない方にはコチラがおススです。

18畳対応なのでパワーは十分です。

お部屋の空気循環はもちろん、衣類な当てれば衣類乾燥にも可能です。必要最低限の機能でも最低限必要な機能はあります♪

キャンプ・車中泊などにも利用される方にも人気の商品です。

機能

5段階風量調節・OFFタイマー機能・360°首振り機能・リモコン操作・リズム風・3Dランダム送風

本体 幅約21×奥行約21㎝×高さ約29㎝
重さ 約2.0㎏
コード長さ 約1.4m
消費電力 36/35W(50/60Hz

山善 DCエアーサーキュレーター YAR-SBD18

適応畳数 14畳ですが1部屋やリビングにも最適なパワーです。

こちらの商品は温度センサーがついているので、設定した温度より下がると停止し、設定した温度より高くなると自動的に動いてくれます。

あと室温をディスプレイに表示されるので、今の室温もわかります。

お手入れも簡単で、全面のパネルも簡単に取り外しが可能なので、機械が苦手な方でもお手入れが出来ます♪

コストパフォーマンスが素晴らしいので、初めての方や追加購入を考えている方におすすめです。

機能

5段階風量調節・温度センサー・OFFタイマー機能・上下左右首振り機能・リモコン操作

本体 幅約23×奥行約22.5㎝×高さ約31.5㎝
重さ 約2.3㎏
コード長さ 約1.6m
消費電力 22W

まとめ

今、人気のサーキュレーターですが、様々な使い方があります。

空気の循環はもちろんですが、洗濯物を早く乾かしたり、部屋の汚れた空気を早く綺麗にできたりと、オールシーズン利用できる商品です。

扇風機みたいに夏が終わると、押し入れなどに収納する必要もありません!

安いサーキュレーターも多数ありますが、正直性能的にはおススメできませんでした。

今回は性能も申し分なくて、お値段もお手頃な商品だけをご紹介しました。

これから、キャンプなどアウトドアをされる方にも、ぜひ利用してほしいです。

 

 



-家電, 生活家電
-, , , , , , ,

© 2020 ゆりたく日記 Powered by AFFINGER5