最新の家電・生活用品など日々の生活に便利な商品を紹介しています。

ゆりたく日記

キッチン家電 家電

シロカのおすすめ全自動コーヒーメーカー4機種!人気のカフェばことは?

出典:シロカ株式会社より引用

毎日のコーヒーが欠かせない人って多いですよね?

例えば

私は朝起きた時に一杯よねぇ
僕は仕事のあいまに一杯かなぁ
毎日の仕事でのコーヒー代を節約したいから家から持って行きたいなぁ

など、コーヒーが好きな人なら、飲みたい時にすぐに飲めて、しかも挽きたてを手軽に飲みたいと思う時ありませんか?

手軽さだけでなく、味にもこだわりたいという方にシロカのコーヒーメーカーが本当におすすめです。

今回は、コンパクトでスタイリッシュ!使いやすい、お手軽、手間なしなど、高い機能を兼ね備えているコーヒーメーカーをご紹介します。

シロカ全自動コーヒーメーカー5つのおすすめポイント♪

①ミル内臓だから、全自動でドリップできる。

本体にミルが内蔵されているので、いつでも挽きたてのコーヒーが豆から全自動で淹れれます。メッシュフィルターは、コーヒー豆からでる油分まで抽出するので、コクが深いコーヒーが味わえます。

メッシュフィルターなので、ペーパーフィルターの消耗品を買う必要もないので経済的です♪

ミル付きバスケットには、しずくもれ防止弁がついているため、コーヒーがミル付きバスケットから漏れることはありません。

②蒸らし工程の機能付きで雑味なしのコーヒーに!

 

出典:シロカ株式会社より引用

コーヒー粉は油脂分を含んでいるので、水分をはじいてしまいます。

少量のお湯を注いで蒸らすことで、油脂分と水分がなじんで粉全体にお湯がジワジワといきわたります。

このとき、本当にいい香りが漂ってきます。お部屋がコーヒーの香りで満たされます。コーヒーの香りはリラックスできますよね。

しかも保温機能付き。コーヒードリップ後自動的に保温機能に切り替わります。30分だけですが、ちょっと用事を済ませても温かいコーヒーが飲めるので、冬の寒い日にはとてもありがたいですね。

人がすると熟練のワザが必要ですが、機械に本来必要な工程がプログラミングされているので、一定の操作でいつも美味しいコーヒーが飲めます。

③豆コーヒー・粉コーヒーの両方に対応♪

ダイヤルを合わせてスタートを押すだけの簡単操作機能。

モード切替機能付きで、ダイヤルで粉モードと豆コーヒーが1杯分から4杯の選択ができます。

シロカはすべて中細挽きタイプです。

給水タンクもメモリが見えやすくなってます。

コーヒーサーバーはガラス製で、ホットコーヒー用、マグカップ用、アイスコーヒー用など

カップ数ごとの数量の目安もあってわかりやすいです。

④シロカはコンパクトサイズでキッチン収納に場所をとらない。

 

置き場に困らないコンパクトさと、キッチンでも自室でも、すっきりと収まり邪魔になりません。

特に本体がスタイリッシュなのでインテリアにもいいですね。

しかもミル内臓なのに重さも軽いので、使いたい場所へ女性でも手軽に持ち運べます。

 

⑤お手入れが楽々♪

底のない筒状のメッシュフィルターなのでブラシで洗いやすい。

また、ミル付きバスケットは分解しなくても水でじゃぶじゃぶ洗えます。

本体のふたは、フィルター部分のみを取り外せば簡単に洗えます。

フィルター部分の向きだけを注意すれば取り外しも簡単にできます。

コーヒーサーバーに接するしずくもれ防止弁ですが取り外しはできませんが、ミル付きバスケットの中に水を入れて、数回しずくもれ防止弁を押し上げることで水で洗い流せます。

これで、コーヒー粉のつまりも心配ありません。
※しずくもれ防止弁は、ミル付きバスケットの内側からパッキンで固定されています。

⑥コーヒー1杯あたりのコストが安い

なんといってもコスパではないでしょうか。

選ぶ豆にもよりますが、100g250円の豆で淹れた場合、コーヒー1杯でコーヒー豆12gとすると、1杯31.25円。

濃いコーヒーは12gから15g、薄いコーヒーがお好きな方は10g以下とすると1杯25円。

カフェで飲んだら500円以上はしますね。コンビニで買うと100円ぐらいでしょうか。

それが自宅で好きな時にリラックスできる場所で、好みのコーヒーを1杯31円で味わえます。

しかも、自宅から水筒に入れて仕事へ持っていくとさらに節約にもつながりお財布にも優しいですよ。

残念なポイントは・・・

①豆を挽く時の音は、少し大きいです。人によっては気になるレベル。

コーヒー豆を挽くときの音が「ガガガ」って少し大きいのが残念ポイント。

ダイヤルを合わせて、スタートを押すとすぐに豆を挽いてくれますが、少し音が響きます。

豆を挽き終わるまで25秒くらいです。このくらいであれば用事をしながらだとあっという間に挽き終わってるってかんじですね。

最新機種では、気にならない音に改良されています。

②メッシュフィルターなのでお手入れが少しめんどう

メッシュフィルター自体のお掃除は非常に楽で良いのですが、ペパーフィルターレスなので、コーヒー粉の処分の手間があります。

ペーパーフィルターなら、水分を切ってゴミ箱へポイって出来ちゃいますが、メッシュフィルターでは一旦粉を新聞紙・不要なチラシやビニール袋などへ粉を直接捨てないといけません。

ここだけは手間かなって思いますが、ペーパーフィルターが不要なので費用対効果もあるので我慢のできる範囲だと思います。

③粉が少し残る

メッシュフィルターなので、ペーパーフィルターよりは目が粗く多少粉がカップに残る時もあります。

最後の舌触りがちょっと気になりますね。

ですがサーバーからカップへ注ぐ際、最後に入れきる時に粉に気を付ければ問題ないですよ。

機種別早見表♪タイプ別4機種

機種

NEW

SC-A351

NEW

SC-A371

SC-A221 SC-A211
サーバー ガラスサーバー ステンレスサーバー ガラスサーバー ガラスサーバー
ミル段階 1杯〜4杯 1杯〜4杯 1杯〜4杯 1(1杯、2杯)

2(3杯、4杯)

水タンク 着脱型 着脱型 一体型 一体型
メモリ表示 デジタル デジタル ダイヤル ダイヤル


まとめ

最近では、コンビニでもスーパーでも手軽に挽きたてコーヒーを飲めますが

やっぱり、自宅で、好きな味のコーヒーでいつでも飲めるのが嬉しいですよね。

しかも1杯数十円で美味しいコーヒーが味わえて、さらに節約にもなりますのでお財布にも優しいですよ♪

色々な全自動コーヒーメーカーがありますが、初めての人にも本体価格もお手頃で簡単で使いやすいシロカの全自動コーヒーメーカーはおすすめです。

見た目だけではなく、機能も優れているので、お祝いなどのプレゼントにも非常に喜んでもらえますので非常におすすめです♪



-キッチン家電, 家電
-, ,

Copyright© ゆりたく日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.